読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タマネギの天ぷら

 映画祭にまたもや落選、どうにもこうにも奈良内閣、とは言ったものの地域活性化が主目的の小規模な映画祭なのでそんなに気を落としているわけでもなく…もちろんそれなりには気を落としているのだけれど、ちゃんと夕ご飯も食べることができるし、ちゃんとTwitterも元気に更新することができるほどの精神状態ではあるので、何も心配することはないし、僕の人生これからしあわせなことしか待っていないはず!!

 来週は京都に行って人間の排泄にまつわる映画を1本、MVコンテストの課題曲のMVを1本撮る予定だ。この二本とも、僕が今まで1度もしたことのない試みに挑戦する。

 まず前者は主人公がまるで僕ではない(僕と心情的に何の関係もない)キャラクターであるということ。そんな映画、過去の1度も撮ったことがないし、こういうキャラクターを設定することによって、カメラを撮る側と撮られる側の心的距離に微妙な変化が生まれるかもしれない、という軽い実験である。

 後者はMVである。そもそも僕は(軽いものならあるけれど)MVそのものを撮ったことがほとんどない。自分が映画のつもりで撮った作品を「MVっぽい」と言われたことなら何度もあるけれど、自分の意思で「MVだ」という体裁でMVを撮ったことがない!これはあらたなる挑戦!血沸き肉躍る体験!

 MVならちゃんと画コンテも全ショット描ききれる自信がある。なので従来の「行き当たりばったり」演出ともおさらばできる。今度こそ最高の映像作品を作りたい!完璧でありながらも、乱雑で、時にいとおしいぐらいに激情的な映像を作りたいんだ!という気持ちで臨む。

 そして1カット1カットをまるでフィルムカメラで撮るかゆような(この誤字はかわいいからわざと残しておいた)繊細な気持ちでビデオカメラを被写体に向けたいと思う。そして勢いと惰性だけでカメラを振り回していた過去の自分と決別したいのだ。新しい道、新しい自分、新しい季節!!常に時は進み、時代は変動している。そんな中で自分だけウジウジしているわけにもいかないのだ!常に動き続けていないと殺される!それぐらいの気概で生きていかないと、何の爪痕も残さずにあっという間に寿命が来てしまう!生きないと!精一杯!華麗に!!