21歳

 あと10分で22歳になってしまう。もう自分の人生、一生21歳は味わえないと思うと無性に寂しくなるけれど、そんなことでウジウジしててもしょうがない。

 さっきコンビニでラ・ラ・ランドのサントラを聴きながら21歳の365日を振り返ると、確かに楽しかったんだけど確かな辛さがウワーッと蘇ってきて、むちゃくちゃ気分悪くなって、そのままトイレで吐き散らかした。汚い話だけど、その吐瀉物に21歳のドロドロに煮詰まった闇があるような気がして、その排泄行為を通じて21歳から卒業できたような気がした。

 自分のしたいことができる環境にも無事落ち着いたわけだし、映画もMVも今のところは順調と言ってもいいし、何だか本当に最高な22歳になる予感はある。でも、どうかその予感が良い方向にひっくり返って、21歳の今の自分が思う「最高」さえも超えた全く新しいワクワクに満ちた1年間でありますように…