読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタがずり落ちている寿司

 先日、大学でイヤホンを置き引きされたので、ほんの若干高めのイヤホンを新しく買った。3000円もしないのでイヤホン界の重鎮などからしたら10円も同然のような代物なのだろうけれど、今まで1000円前後のイヤホンで人生を過ごしてきた自分にとっては驚きが止まらない!ロマンティックが止まらない!急な気温変化による鼻水が止まらない!

 1000円前後のイヤホンというのは、音量を上げると高音の主張が強くなって死ぬほど耳が痛くなる。かと言って小さな音量でちまちま聞くのも趣がないので、それなりの高音が主張しすぎないレベル限界のMAX音量で音楽を聞く。

 すると低音の主張もなかなか強いことに気付く。そしてこの低音は、他の音たちを殴り殺していく(聞こえなくする)。低音というガキ大将によって十分に活躍ができない子分たちの努力の結晶を、我々は1000円のイヤホンで聞くことができないのだ。

 そこでこれの3倍の値段のする3000円イヤホンで同じ音楽を聞くとあら不思議!!授業中の質問では全て手を挙げなければ気が済まないほど目立ちたがり屋の高音も、他人を殴り殺すことでしか自己を主張できない大将の低音も、その子分も、全員が仲良く調和している!喧嘩せず、全員がひとつの方向に向かっている!なんという感動!音楽は最高!

 この世界平和みたいな穏やかな感覚、これぞ人類の目指すべき境地なのではないだろうか!しかし、そうはいかないのが現実で、理想論ばかり振りかざしても何も解決されない問題ばかりの現実。

 だからって諦めるのはまた違う!また別の方法を考えるなり何なりおいなり、人生には無限の道の選択肢があるのだ。だからこそ人生は複雑で、複雑であるが故に美しいのだ。美しさは最高!早く心の美しい人間になりたい。一般常識とされているようなふざけた「美しさ」ではなく、もっと人間的で本質的な美しさを手に入れたい。そのために自分は今何をすべきなんだろうなあ、と考えてみたりするけど、結局この世界のことなんか何もわからないし、わかろうとする努力のひとつとして自分は映画を撮ってるんだなあ、と思った。

 

11月5日に京都の某高校の文化祭で、僕の監督した映画が午前と午後の計二回上映されるのですが、行きたいよ~って方がもしいらっしゃったらコメントなりTwitterのDMなりプレモルなり僕に送ってください!