読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊かな暮らし

 豊かな暮らしを実施したいという人間本来の欲求が高まっている。豊かな暮らし。なんて良い響きのWordだろうか!この響きが耳の鼓膜をくすぐるだけで、自分の腐り切った生活がほんの少しだけパッと明るくなるような気がする。塞ぎこんだ気持ちにちょっと心地良いそよ風が通る。言葉の響きの効力。

 先日、フォロワーさんの出演している、とある演劇(短縮お試し版)を拝見した。言葉の力、そして言葉の持つ意味を越えたパッション!衝動!躍動感!自分の心を握りしめられるような胸の突っ張り感。ずっとずっと映画に恋し続けてきたけれど、その瞬間、その舞台を感じている瞬間、僕は少しだけ「演劇」に心奪われた。不倫の始まりである。川谷絵音

 そして僕は考えた。今まで地道に積み上げてきたものを全て投げ出してまで「演劇」を愛する覚悟が僕にはあるのか?今日初めて会ったばかりの「演劇」に自分をさらけだしてしまってもいいのか?僕は一晩考えた。

 そして僕はカメラを持って街に出た。そして目に入るもの、肌で感じるもの、全てをカメラで切り取って乱暴に収めた。何も考えずに、衝動のままに、脳みそを一切使用せずに「身体」で映像を撮った。そして僕は編集する。今までの「映画」の発想を捨てて「演劇」の脳で映像を編集してみる。全てがたった今、リアルタイムで起きているかのような実況中継風の編集加工を施す。精一杯「演劇」に寄り添う。口説き落とす。

 そして完成した映画はものの見事にただの「映画」だった。まだ僕は「演劇」を口説き落とせるほどのスキルがなかったのだ。僕は一旦「演劇」のことを忘れて映画を観る。好きな映画を好きなだけ観る。

 中学生の頃、映画を好きになってから大学二回生の今に至るまで、散々映画と戦ってきた。恋してきた。遊んできた。殴る蹴るの派手な喧嘩だってしたし、絶交宣言だってしたことがあるし、一度だけ殺し合いもしたことがある。僕の人生の傍にはずっと「映画」がいたのである。

「映画」が僕に「おかえり」と静かに言う。僕は少しはにかみながら「ありがとう」と言った。そして僕は「演劇」に「また」と言って軽く会釈する。「演劇」はフッと笑うと隣の家に帰っていった。まだまだ「演劇」は僕のことを諦めていないようだ。

 たった今も僕は映画の編集をしている。眠い目を擦りながら編集をしている。ショットを切り、繋ぎ、時間のエモーションを産みだそうとしている。自主映画の大量生産体制に入ってから早1年が経とうとしているが、成果はいまだに全くなし。まだまだ「仕事」ではなく「趣味」の段階だ。数年後には就活もしなければならないし、現状がとてつもなく不安。正直、死にそうだ。

 お酒を飲んでも何も解決しないし、心の支えになってくれる恋人がいるわけでもない。目の前にあるのは「映画」のみ。そう、僕の目の前には「映画」しかないんだ。何だか笑えてくるよ。こんなにも飽き性の僕が、こんなにも長い間、君と一緒に同じ酸素を吸い続けているなんて。不思議な話だよ。

 

f:id:WatagashiPenguin:20160213013316j:plain

リブート版ファンタスティック・フォーが好き