読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンマ

 今週のお題は「おすすめの手土産」らしいけどそんなもん土産話で充分だよ!君の話が聞けるってだけで僕は幸せだよ!だって僕は君のことが!

 今は自撮り映画の編集をしていて、これはTwitterで出会った映画人を目指す人たち同士で作って最後に全部繋げて一本のオムニバス映画にするという素敵な企画。今のところ五人の監督が10月31日の完成を目安に一生懸命ひとりで自分にカメラを向けている。たぶん全員の要望でネットに一般公開はしない、もしかしたら映画祭に出すかもしれない、ぐらいの感じ…それにしても自分の顔面を眺めながら編集するのは他人を撮った映像を編集する何倍も精神的に厳しいし、なんだか身体の疲労具合も違う気がする。正直、めっちゃ死にたい。

 先日、レンタルで『ピッチ・パーフェクト』という女子のアカペラ部の青春サクセス映画を観、立て続けにその続編『ピッチ・パーフェクト2』を観たのだけれど、これが本当に信じられないぐらいに大好き!正直、映画の完成度はそこまで高いとは思わないのだけれど、もちろんそんなことはどうでも良くて、とにかくキャラのひとりひとりがありえないほどに魅力的&かわいらしいのだ。

 下ネタ、差別ネタもてんこ盛りで、基本的にはアメリカンコメディの匂いがキツいのだけれど、グループ活動の闇やら切なさやら最後の決着のつけ方まで、流石アメリカという国の最先端ヒット作、本当に王道でありながらもちゃんと斬新でむちゃくちゃに面白い。こういう斜め上の作品が大ヒットするアメリカという国、本当にやばいしありえない。

 とにもかくにもキャラクターの造形が素晴らしすぎて、伝統を守る保守派の鑑のようなオーブリーというキャラクターがとにかくアツい。最初は天邪鬼の主人公と対立するイヤなキャラだなと思っていたのだけれど、最後の最後の猛烈アカペラパフォーマンスと同時に炸裂する青春!本当にありえないほどのカタルシス!信じられない!信じられないよ!こんなに気持ち良い瞬間があるのだろうか!やっぱり映画は最高だ!

f:id:WatagashiPenguin:20151025214234j:plain