煮汁をこぼさないスピードで

「煮汁をこぼさないスピードで」ってタイトルで小説か詩集出版したい。今急に思いついたんだけど。本屋さんで「煮汁をこぼさないスピードで」って背表紙見つけたら絶対手にとるだろうな。そもそも日常において煮汁をこぼさないままスピードを求められるシチュエーションなんかそうそうないだろ!!っていうツッコミ待ちのボケみたいな。っていうか煮汁ぐらい多少こぼしても良くない?

 夏に映画を撮るんですよね。2時間ぐらいのやつを。今まで散々、短編映画、ドキュメンタリーだとかMVだとか撮ってきたり、撮る予定だった作品ポシャったりとかいろいろあった中で最大規模のとびっきりビッグな志のやつをね、撮るんすよ。

 なんかもうこの映画完成させても尚、人生に何の変化もない場合、そろそろ自分の人生見つめ直したほうがいいんじゃないかっていうか。それぐらいの気持ちで今、キャスティングしたりロケハンしたりしてる毎日。主要キャストさんはほぼ決まって、とびっきりのメンツになったと思う。今から読み合わせ、撮影が楽しみで楽しみで仕方ないって感じ。早くロケハンとか準備もろもろ終わってくれ

 ロケハンで感じるけど、大阪の人ってなんだかんだみんな優しいなあっていうか。門前払いとか全然されないし、自主映画でも話はちゃんと聞いてくれる。わからんことも教えてくれる。自主映画を撮るのには良い地域だなって思う。お金だけで解決するんなら単純に利便性とかも含めて東京とかのほうがいいんだろうけど。

 とにかくマジでかあっくいいアッツアツのハイパーウルトラガールズムービーを作るので。日本の全女性の皆さん、震えて待っててください!!打倒!!キモい男!!

ヤンバルクイナ

 ヤンバルクイナって今絶滅してるんだっけ?してないんだっけ?まだギリ生き残ってんだっけ??忘れたなあ。だって自分にあんま関係ないことだもんなあ。世の中にはたくさんの価値観と情報と知識が竜巻みたいなスピードでちぎっては投げちぎっては投げを繰り返され、それがもう何なのか吐瀉物なのかもわからずにダーッって流れていくじゃないですか。だからヤンバルクイナのことなんか忘れてしまった。生き残っててくれ、ヤンバルクイナ

 確か去年の夏頃に思いついて、それを今年の1月末頃からしこしこと脚本にする作業をして、ああでもないだのこうでもないだの繰り返して闇雲に孤独と戦いながら、自己嫌悪と自己肯定の壁に身体が血と肉の塊になるぐらい挟まれて圧迫されながら、ダラダラと月日ばかりが過ぎていった。もっと才能と情熱のある人なら1か月もかからずに書き上げてしまえるような本だと思う。

 しかもその執筆期間中に恋人に振られるわ、家族から追い出されそうになるわのてんてこ舞いで、何がマジで何が嘘かもわかんなくなりながら必死に書いた脚本。今からちょっとだけ手直しして、明日主要キャストにデータで送る。

 たぶん物凄く壮大なコメディで、物凄くバカバカしくも鋭い社会批判なんかも盛り込まれちゃったりもしてて、今まで生きてきた23年間の中で女性に対して思ったこと、自分自身に対して思ったことのグジャグジャのビュッフェみたいになっていて、まあ説明めんどくさいからとにかく良い脚本だなあ、って漠然と思える脚本になってる。

 キャストの人、これを読んでどう思うんだろう。あるいはロクに読みもせずに大雑把にあらすじだけ把握して「おもんね~」ってなってそのまま誘われたカラオケオールに行っちゃうのだろうか。それとも夜中にしっとり読んでじっくり泣いてくれたりするんだろうか。泣いてほしい。泣いてほしいっていうとクソボケ配給会社の作るカス邦画予告動画のキャッチコピーとあまり精神性が変わらない気がするけど、本当に泣いてほしい。

 映画を観てて、ああ面白いなあとか手に汗握ったりだとか、いろんな瞬間があるけれど、やっぱり泣いてる瞬間が一番心救われるっていうか。自分は大体の映画で何かしらのシーンで泣くんだけど、もしかしたら泣きに映画館行ってるんじゃないかなあ。泣くっていうのは単に悲しいシーンとか死別とかそんなしょうもない括りじゃなくて、主人公の途方もない目標が達成されたりとか、ストーリーを崩壊させてでも訴えたいクリエイターの濃いメッセージが透けて感じれた時とか、そういうのも全部って意味での涙。人を泣かせたいもんですよね

そういえばブログやってた

 さっき気が付いたんだけど、そういえば自分ってブログやってたなって思った。っていうかブログ更新してなかったこの一年もちょいちょい「そういえば自分ってブログやってたな」とは思ってたんだけど、別にブログとかもうよくね?毎日楽しいし、それで何かもうどうでもよくね?みたいな感じで、そもそも今過去の記事読み返しても既に黒歴史じゃね?みたいな感じの。でもアカウント消去するほどでもない感じの。寝かしてる間にいい感じに蒸発してくれればそれでいいかな~みたいな。こいつウザいけどラインで露骨に冷たい態度続けとけばそのうち誘ってこなくなるっしょ、みたいな感じの。ごめんブログ、俺、ブログやってたわ。ごめん。謝って済む話じゃないと思うけど

 一年四か月付き合った彼女に爆発的に振られて自暴自棄になって、東京の友達の家に二週間ぐらい緊急居候をし、その後、衝動的に父方のおばあちゃんの家(広島)に二泊三日で旅行して、さっき家に帰ってきた。とにかく彼女との思い出の詰まった大阪にいたくなかったので。大阪の街をウロウロしてるだけで過去の未練が蘇るので。とにかく場所を変えることが大事。今はだいぶもうどうでもよくなった(元カノのことが)。そんなことよりも今考えるべき大事なことがたくさんある。無職だし

 今年に入ってから精神的にキツめのイベントばかりな気がする。バイト探してもずっと面接で落され続けるし、受かったバイトも「ようやく続くかも~」と思った矢先に彼女に振られたんで精神的ショックでブッチしちゃってそっから連絡できてないし。夏に撮るって友達に宣言しまくってる脚本もまだ全然仕上がってないし。去年撮ったMVとかドキュメンタリーのギャラまだ振り込まれてないし。ピエール瀧捕まるし。悪いことばっかり起きてる気がするんよなあ

 でも自分の人生、軽いノリで振り返ると、大体その一年のいいことって後半戦に集中してる気がする。なんか一年の本番は夏からっしょ!!みたいな自意識がそのまま現実になってるっていうか。冬はまず前年の残尿というか、なんか「新年度になってからいろいろ頑張れば良くね?」って思っちゃうし、春は世間は「新生活応援!!」みたいなテンションで来るけど実際はポカポカ気持ち良くて何かに挑戦しようって気分には全然ならない。五月はなんか「五月病だあ~~」とか言い訳してファッションメンヘラになるし、六月は雨ばっかでキモいし。ってなるとやっぱり年の本番って夏じゃん!!ってなる。暑いの好きだし

 とか言い訳して無駄な月日を学生気分で浪費すんのもそろそろやめないとなって考えてる。考えてるだけなんだけど。実際行動で示さない限り「この人変わったな」と周囲は認めてくれないんだけどね。これは元カノに言われた言葉です。でもしょうがなくない?今、この瞬間は言葉で説明するしかないじゃん。言葉と生きていく、って某宗教団体の新聞のCMでも言ってんじゃん。言葉って前提としてアホほど信用できないんだけど、信用できないなりに可能性は感じてもいいじゃん?俺に可能性感じて?って話なんですけどね。

 だから夏からめちゃ金かけて人生掛けるつもりで自主映画撮るので。そこで何もなかったらいよいよ自分の人生根本から見直さなきゃなって気分になりながらビール飲むと思う。それぐらい俺は今追い込まれているよ。応援しておくれよ、未来の俺の恋人よ。俺だけを、だらしないなりに頑張ろうとしている俺だけを真っ直ぐ見てくれよ。頼むからさ

半年振りのブログ更新

 半年振りのブログ更新です。そもそも文章を書くのが好きで、自分の思いとか思想とか主義とか文章に書くのが好きだった。だからTwitterも好きだし、それでもやっぱり感情がバーッて溢れちゃってTwitterの140字には収まらない瞬間がある。そんな時にいつも逃げ場になっていたのがこのブログだ。

 でもこの半年、自分はこのブログに逃げなかった。逃げなかったというか、逃げる必要がなくなったんだと思う。22歳にして、人生で初めて恋人ができたから。俺のどうしようもないグズグズした感情の欠片を全部救ってくれる人が目の前に現れたから。それがちょうど前の記事を更新してから1か月ぐらい経った時のこと。

 そして、自分のどうしようもないグズグズした感情の欠片を全部救われると同時に、他人のどうしようもないグズグズした感情の欠片を救ってあげることの尊さを知った。大切な人を守るために夢を諦め、ちゃんとした人生を歩み、平凡な暮らしを毎日続けることの難しさ、重要性を知った。大切な存在ができることで、自分という人間の無力さ、あるいは無力であるが故のかけがえのない価値を知った。今月末で付き合って半年になるけれど、本当にたくさんの、涙が出るぐらいの幸せな思い出と、これからの世界を生きていく上で大切なことをたくさん知った。

 そして自分は、ある意味で物凄く丸くなり、ある意味で物凄く尖った。半プロ作家として。今年に入ってミュージックビデオの演出の仕事が少しずつ少しずつ増えている。少しずつ少しずつ自分の夢が叶いつつある。世間からするともう1995年生まれは就職してるので、周りと比較するともう自分の立場は「落ちこぼれ」である。それでも、まだまだ夢を追いかけ続けていたい。叶える自信もある。そして、ずっとずっと大切な人の大切な存在になりたい。そんなことを思い続ける最近。

ザリガニ

 ギャラ交渉したっきりのメールの返信が来ないまま1か月が経った。業界では割とやり手で信頼もあるっぽい人だったのに結局学生のフリーランスもどきにはこういうことするんだなあと思いながらも執着的に何度も催促メールを送り続ける。別にもうお金とかいいんだけど、払うと言ったくせに払わないというその行動に腹が立つので絶対に諦めない。

 8月はずっと映画を撮っていた。自主なのか商業なのかわからない微妙なラインでずっと映画を撮らせて頂いていた。ものすごく協力的で性格もすこぶる良いスタッフと愉快なキャストで映画を撮らせて頂いていた。何度も壁にぶつかって何度も「もう映画なんか二度と撮るかボケ!!!!」と思ったけど、全部全部肥やしになったと思う。映画監督とかそういうのを越えて、ひとりの人間としてたくさんのことを学び、成長できたように思う。

 伊達に何年も映画撮り続けてないので、最近よく褒められることも増えた。信頼されることも増えた。ものすごく期待されているんだなと思う瞬間も増えた。たぶん傍から見たらそこそこ才能のある22歳に見えているんだろう。でも実際の俺はまだ松屋で並盛食べて喜んでるし、人にお金も借りまくってるし、ネカフェで寝過ごして延滞料金払ってるし、入ったお金もすぐお酒と煙草に溶かしてしまう。1ミリも人間ができてないし、人に気遣いとか全然できないし、だから恋人もできないんだろうし、なのに信頼されたり頼りにされることに物凄く違和感を感じる。

 最近になってそういうことをすごく考えるようになった。その矢先に観た大根監督の某新作、完全に自分の心境と合致してめちゃめちゃに泣いた。そしてどれだけ努力してどれだけ生まれ変わろうともがいても、自分は一生水原希子にはなれないんだなと思った。

潰れたロールケーキ

 映画を作るのってこんなに大変だったんですね、と他人事のようにしみじみ思いながら、あと一週間を切っている映画撮影に向けて今何ができるか必死に考えつつ、いろいろポンポン浮かんではくるけれど結局「もう1時半だし…」となって何もしない、そういう甘えが延々ずっと続いている。

 明日はスタッフで打ち合わせで、それがこの映画のためということはなく、ミュージックビデオの打ち合わせで、なんでこのクソ忙しい映画撮影直前の期間にミュージックビデオなんか撮る予定をぶち込んだかと言うと「気を紛らわせたい!!!」の一言に尽きる。同じ作品にずっとずっと同じ熱量を注ぎ込み続けるのは精神的にきついし、やっぱり他の作品も片手間に作りたい。片手間というと聞こえは悪いけど、片手間に作った作品のほうが褒められることもある。努力が必ず報われるとは限らない。

 とにかく13日から撮影が始まると思うと気が重いし、まだ決まってないロケ地とか死ぬほどあるし、エキストラなんかゲロ吐くほど集まってないし、何なんだよ、どうなってんだよこの企画、と吠える相手もいないし、何だかんだ自分で脚本も書いてるからなんか「自分の映画!!」みたいになって愛着とか沸いてきてるし、とにかくしんどい!!!!!!!!

 煙草を吸い始めて二年経とうとしてるけど、最近不味いと感じる瞬間が増えた。「なんで俺はこんなの吸ってんだ」と絶望する瞬間があるくらい、最近煙草が美味しくない。美味しい瞬間もあるけど、美味しくない瞬間のほうが印象としては強く残るし、なんで煙草なんか吸ってるんだろう、と思う。

 でもやっぱり喫煙者同士の会話っていうのは何にも代えがたい喜びに満ちていると思う。授業こっそり抜け出して校舎裏でキャッキャ喋ってるような背徳感があるし、そこでどんな悪意をぶちまけようが煙となってスッと消えていくような感じがする。

 それにやっぱり年配の人は吸っている人が多くて、話しかけに行くきっかけにもなるし、特に自分の場合はそれが仕事に繋がっていくこともある。そう思うとやっぱり辞められないし、完全に不味いわけじゃない、美味しい瞬間もたくさんあるので、辞めないんだと思う。

 そして煙草みたいに映画も辞められずに一生身体を蝕まれながら生きていくんだろうな、と思う。煙草はいつか辞めたいけど。でも映画はずっとずっとずっとこの先もずっと撮っていくし、観ていくし、そばにいるんだろうなと思う。本当に吐き気がするほどうんざりする。映画なんか最低!!!

目の乾燥

 夏が来ました。今年も夏がやって来ました。夏と言えば恋の季節だけど、今年はその匂いすらしない。ありえないほど全くない。これはもう映画に集中しろということなのか、9月頃にやってくるのか、そんなことを考える前にもっと積極的になってみたらどうだとか、そんなこんなで夏が来た。

 8月にかなり大規模な映画を撮る。自主ではない。自分にとっての新しい試みがたくさんで、かなり凄い映画になる自信はあるけど、不安も死ぬほどある。中学二年生の頃から撮り続けてきた自主映画の集大成にしたい。才能の一滴を絞り切るまで全身全霊で作品に立ち向かっていきたい。

 そして9月にも映画を撮る。これは自主。でも今までのとは比べものにならないぐらいの規模で撮る。8月で絞り出された才能の先にある新しい才能で、穏やかに穏やかに撮りたい。さっきから才能才能言ってるけどお前に才能はあるのかよ?みたいな煽りが来そうだけど、黙れとしか言えない。

 そして10月にドキュメンタリー映画を撮る。これも自分の企画ではないけれど自主。今年撮ったドキュメンタリー中編の発展版というか、この作品で自分なりのドキュメンタリーの決着を付けてみたい。これもかなり大掛かりになりそう。今からもう既にめちゃくちゃ楽しみ。

 その間にMVを撮ったり、友達の映画の撮影監督をしたり、脚本を書いたり、大学の課題でまた脚本を書いたりしているうちにロクな恋もできずに今年は終わりそうな気がする。どうかこの予測を裏切る展開であってほしい。人生、楽しいような苦しいような、どうでもいいようなどうでもよくないような。とりあえず今年でいろいろ自分の境遇は変わると思うし、とりあえず今は今できることをするしかない。新しいパソコンほしい。